ブランドコピー商品と正規品の見分け方

【口コミ多数あり】ブランド物の宅配買取業者を比較!
【口コミ多数あり】ブランド物の宅配買取業者を比較!
  1. ブランドコピー商品と正規品の見分け方

ブランドのコピー商品

ブランドのコピー商品

ルイ・ヴィトン、グッチ、シャネル、プラダ…こういったブランド品のコピーが出回っていることは皆さんご存知だと思います。ブランドのコピー商品はおよそ90%が中国で製造され、日本へ輸入されます。最近では「スーパコピー」という言葉もすっかり浸透していますが、これは一般人では正規品との区別がつかないほど精巧に作られたコピー商品のことです。

このようなスーパーコピー商品はネット通販でも売られており、検索するとたくさんの通販サイトが堂々と「スーパーコピー商品」として販売をしています。偽ブランド品を製造・販売する行為はもちろん違法です。しかしこのような偽ブランド品の販売サイトを運営しているのは、ほとんどが海外(特に中国)です。中国はコピー品に対して規制がゆるく、しかも日本の法律が適用されないので、取り締まりができないという現状なのです。

スーパーコピー商品だと知っていて購入することは、個人使用の目的であれば基本的に刑罰の対象にはなりませんが、何度も購入している場合は転売目的とみなされ罰せられる場合もあります。しかしブランドのコピー商品を購入するということは、単に罰せられるかそうでないかという点だけが問題ではないですよね。ブランド側の努力とプライドを踏みにじるコピー商品がもっと厳しく取り締まられることを願います。

また本物を購入したいと思っている人でも、やけに安い・日本語の間違いが多いなど怪しげな通販サイトには手を出さないことが賢明です。

正規品とコピーの違いって?

正規品とコピーの違いって?

自分の持っているブランド品が「正規品か分からない…」という場合もありますよね。ここではブランド品とコピー商品との見分け方を紹介します。複数該当した場合は、残念ながらコピー商品の可能性が高いと言えます。

刻印

刻印とは、ブランド品に記されているブランド名です。ルイ・ヴィトンであれば「LOUIS VUITTON PARIS made in~」といったものです。

雑に作られているコピー商品の場合は明らかに文字が斜めだったり、にじんでいたり、不鮮明だったりします。非常に精巧に作られていると素人には判別が難しいのですが、例えばルイ・ヴィトンなら正規品では「made in Spain」「made in U.S.A」と刻印されていることが多いです。しかし偽物の場合はほとんどが「made in France」です。

シャネルでは、「CHANEL」の下にココマークがついている刻印があります。正規品であればこのココマークは「CHANEL」のちょうど中央ではなく若干Aよりに配置されているのです。コピー商品の場合はど真ん中に配置されていたりします。

細かいですが、こういったことで見分けがつく場合もあります。

縫製

コピー商品の多くは縫製が雑です。特にバッグの内側や財布の内側など、見えない部分の縫製は手抜きをされていることが多いので入念にチェックしてみましょう。

バッグの持ち手では、表と裏で縫い目が異なっていることもあり、たいていは裏側が雑です。他にもファスナーのエンド処理など、細かいところをチェックすると、雑なところが見えてきます。

模様の合わせ

バッグなどで、生地と生地の合わせ部分をチェックしてみます。

正規品であれば、合わせ部分も模様がキレイにつながっています。コピー商品の場合、つながっていないことがほとんどです。

留め具(ビス)

バッグなどの持ち手についている留め具(ビス)の形状は、正規品とコピー商品で異なっています。

コピー商品の場合、ブランドロゴの刻印はあるものの、どう見ても安っぽかったり作りが雑だったりします。このような細かい部分はコピーが難しいため、本物と比べると一目瞭然です。

製造番号(シリアルナンバー

雑なコピー商品の場合、製造番号がついていないものもあります。しかし最近の精巧なコピー商品では製造番号もしっかり刻印されています。

製造番号の規則性はブランドごとに異なりますが、例えばルイ・ヴィトンなら「いつ」「どこで」作られたという番号が記されています。コピー商品の場合、その年にしか製造されない限定ものだったのに、まったく違う年の製造番号が書かれていたりすることもあります。

以上のようなチェック方法がありますが、分からない場合はブランド買取店の査定に出してみるのが確実です。状態が非常に悪いものではないのに「買取できない商品です」と差し戻された場合、「コピーなので買い取れません」と言われているのと同じことです。