今日から始めたいブランド品の正しいお手入れ方法

【口コミ多数あり】ブランド物の宅配買取業者を比較!
【口コミ多数あり】ブランド物の宅配買取業者を比較!

バッグの手汚れや傷はどうする?

バッグの手汚れや傷はどうする?

ブランド品のバッグについてしまった汚れは査定に出す出さないは関係なく、綺麗に落としたいですよね。大体の汚れの原因が、手汚れと言われる手についている皮脂や汗のタンパク質によるものだそうです。

よく見かけるのが、バッグの持ち手の部分の良く持つところだけが変色してしまっているケースですね。他には柔らかい革の部分に汗や水分がついたままにしてしまい、そのままシミになってしまったというケースが多いそうです。

例えばお手洗い後に洗った手や、ペットボトルを持った手がきちんと乾いていない状態でバッグや靴などを触ってしまったりすると、そこがシミになってしまうのですね。これは皆さん非常にやりがちなパターンで、革製品は絶対に濡らさないということを意識しておくとシミを防ぐことができますので、是非今日からでも意識して生活してみてください。

さて汚れやシミがついてしまった場合どうやって綺麗に落とすかというと、ついてしまってすぐの場合には革専用のクロスでふき取るだけでシミになるのを防げます。専用クロスはいつもバッグに入れておくと良いですね。バッグの持ち手部分についてしまった汚れやシミは、革専用のクリームが販売されていますのでこれを使用するか、革専用の消しゴムで汚れを落としてください。

まだ浸透していない表面だけの汚れやシミに対してはこの2種の方法でよく落ちるのですが、既に時間が経過してしまって落ちないシミができていたり傷ができてしまっている場合は、専門のクリーニング店に持っていくことをお勧めします。ご自宅での対処は限界がありますし、余計にシミを拡げてしまったり、傷をつけてしまったりすることがあるからです。

専門の技術があるお店にお任せすれば、かなり綺麗に、物によっては新品同様に蘇ることがありますので是非利用してみてください。また最近ではスカーフをバッグにつけるのが人気なので、持ち手の汚れ防止とファッションの為につけるのもお勧めですよ。

ブランド品の正しいお手入れ方法

普段から心がけておきたいお手入れ方法とは?

バッグの手汚れや傷はどうする?

ブランド品を査定に出す場合、普段からお手入れしておくと査定額アップにも繋がるので是非行っておきたいところです。汚れやシミ、傷などは査定額をグンと下げてしまう要因になりますので、普段から汚れないように意識して使っていくのが良いでしょう。

ついてしまったシミなどはすぐに落とすことを心がけておき、専用のシミ取りグッズなど販売されていますので常にバッグに忍ばせておくと便利ですよ。汚れたまま査定に出した場合、その汚れを買取店で処理する分査定額も下がりますし、落ちない汚れだった場合には販売したとしても売れるかどうかがわからないので同様に下がってしまうのです。

これを防ぐ為にはやはり自分でできる範囲で普段からブランド品のお手入れや使用方法を意識する必要があるのです。

洋服の手入れ方法

洋服の手入れ方法

洋服を手入れすると言っても、方法がよくわからないという方も多いようですね。正しい方法を行うだけで、長持ちするのはもちろんのこと査定に出した場合の査定額も高くなるので、普段から積極的にお手入れをしていきたいものです。

洋服の綺麗を保つ方法はいくつかありまして、一番にあげられるのはあまり洗わないということです。洗うという行為は洋服の生地や繊維を傷める原因となり、伸びや縮み、シワの原因にもなってしまうのです。

ニット製品などは一度縮んでしまったりするとかなり厄介なので、特に洗わないでいたいですね。では洗わずにどうするのか?というと、上質なコート類やニット製品はブラシを使って丁寧に繊維に沿ってブラッシングしていくだけで良いのです。においが気になる場合には、風通しの良い場所で陰干しすると大体1日もあれば気にならなくなるでしょう。夏場に着るような洋服の場合、汗を吸ってしまっているので、この場合はハンガーに洋服をかけたままの状態で40度くらいのお湯をかけて、絞らずにそのまま乾かせば生地を傷めることなく汚れも落とせますので是非やってみてください。

靴やバッグの手入れ方法

靴やバッグの手入れ方法

靴やバッグなどのお手入れ方法は大変そうだなと思ってやらない方もいるようですが、案外簡単にできてしまうので、いくつかその方法をまとめてみました。靴やバッグは革製品が多いのですが、革のお手入れで一番注意したいのが、汚れたらすぐに落とすことです。汚れがついてしまってそのまま時間が経ってしまうと、そのままシミに移行してしまうので気づいたらすぐに落としましょう。

今は専用のクリーナーや消しゴム、クロスなど様々なアイテムが販売されていますのでどなたでも手軽にお手入れすることができるのです。クロスや消しゴムはコンパクトなので、普段から持ち歩いているとすぐに汚れに対処できますのでお勧めです。また革製品が濡れてしまった場合、無理に乾かそうとするのは絶対に避けてください。たまにドライヤーなどで乾かしてしまい、革がダメになってしまったという方がいらっしゃいます。革は熱に弱いですので、乾かす時は濡れた部分を乾いた柔らかい布でふき取った後、日陰で自然乾燥させます。

普段から防水スプレーを使用して、急な雨に備えておくのも良い方法ですよ。

アクセサリーの手入れ方法

アクセサリーの手入れ方法

洋服は洗濯しているけれど、肌に直接触れているアクセサリーはそのままにしておいても良いのでしょうか?答えはノーです。アクセサリーには汗や皮脂、女性の場合はお化粧品の油性汚れなどが付着しているので、とても綺麗なものとは言えません。

ではどうやってアクセサリーを綺麗な状態にするのかというと、専用のクロスで磨いたり、ジュエリー専門店でクリーニングしてもらったりするのが一番手軽な方法です。ご自宅で汚れを取る場合、シルバーでしたら炭酸水につけておくか、炭酸水を含ませた柔らかい布でふき取ることで輝きを取り戻します。ゴールドの場合は無糖のヨーグルトを柔らかい布につけてふき取れば綺麗になります。ヨーグルトで拭いてにおいとか大丈夫なのかと心配になりますが、全くにおいは残りませんので安心してください。

どの方法で拭き取りを行った後も、必ず乾いた綺麗な布で仕上げ磨きを行うことを忘れないようにしてください。この一手間でより輝きを取り戻しますよ。またアクセサリーを歯ブラシなどで磨くという方もいらっしゃいますが、細かい傷を作ってしまうばかりか、そこに汚れが溜まりやすくなるので絶対にお勧めできません。もしできれば、アクセサリーを使ったら専用のクロスで磨いてから仕舞うのがベストと言えるでしょう。